FC2ブログ

被災地を訪ねて・・・。 (2011.9.20)

2011/09/20 22:11

こんばんは~、占い師カノンです。

宮城県内の被災地の光景は、
ただただ唖然呆然とするばかりでした。
元の姿をちゃんと知らない私ですらこうなのですから、
そこに住んでいた人々や故郷があった人にとっては
どう表現していいかわからないぐらいショックだと思います。
一瞬のうちに波に飲み込まれてしまった町。
現実に起こったことと認識するには
相当の時間が必要なのではないかしら・・・。

それにしても。
今回行ってみて一番に思ったのは、
復興はぜんぜん進んでいないんだ、、ということです。
もちろん、地震直後のひどい状態からは断然良くなったのだと思います。
でも、被災した地域があまりにも広すぎて
ぜんぜん追いついていないような気がしました。

それでも、ボランティアで一生懸命作業をされていた人は
たくさんいらっしゃいました。
ボランティアの方の乗った大きなバスが何台も停まっていました。
全国各地から、警察の方もたくさん来ていました。
瓦礫の片付けや、交通整理、パトロールなど・・・
やるべきことはおそらく、山のようにあるはずです。
でも、やはり被災した地域が広すぎるのです。。
ひたすら瓦礫の広がっている荒地。
冠水してしまって、どうにも作業のしようがない町。

半分観光客のような気分で被災地を訪れた自分を
恥ずかしいと思いました。
でも、やはり肉眼で見ないと分からないことがあります。
テレビの映像だけでは、
どんなにきれい事を言ったとしても、やはりヒトゴトでしかないような気がします。
そういう意味では、実際に行ってみて良かったです。

自分も何かしなくては・・・とか
何かしたいけど、あまりにも微力で何もできない・・・とか、
そんなループ的思考にハマりそうになりましたが、
私たちは自分の人生をしっかり歩んでいくしかないですよね。

あ、あとできることは、
1日も早く復興を確実に実現してくれそうな政党や政治家を
ちゃんと選ぶことかなーとちょっと思いました。

スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

旅行  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

ご無沙汰です!

スッカリご無沙汰してます!

被災地のレポ読ませて頂きました。

夏休みに実家に帰省した時
被災地に足を伸ばそうか悩み
踏み込めなかった私です。

幼い頃泳いだ海。
泊まったホテル。
お世話になった友人宅。
全てが流されて瓦礫となってしまった
現実を受け止めれる自信がまだ
無くて。

復興が驚くほど進んで無いのを
友達に聞いて何も出来ない事に
歯痒さを感じています。

震災を忘れない事。
細く長い支援を心がける事。

それが大切かなぁって。

小さな事からコツコツとね!

| 2011/09/21 |  11:28 | marico #H8SvR1nU |  URL | 編集 |

No title

>maricoさま
 超久しぶり!!
 コメントどうもありがとう^^
 元気にしてるかな~??
 
 そだよね、maricoちゃんは宮城出身だもんね。
 きっといろいろな想いが交錯してるよね。
 なんかねー。
 いろいろ思いました、実際に行ってみて。
 とゆーか、あんな風になってしまうってことにホントに驚きました。
 地球のパワーは侮れないなぁと。。
 
 私たちは小さなことをコツコツと、だね。
 

| 2011/09/22 |  00:11 | カノン #- |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する