FC2ブログ

平常心のレッスン。 (2012.3.13)

2012/03/13 00:36

こんばんは~、占い師カノンです。

友人に借りて、
『平常心のレッスン』という本を読みました。
現役のまだ若い住職、小池龍之介さんが書いた本です。


平常心のレッスン (朝日新書)平常心のレッスン (朝日新書)
(2011/10/13)
小池龍之介

商品詳細を見る


この本、なかなかためになりました。
心が乱れるのはなぜか・・・
という原因追究から始まるのですが、
これがとっても論理的に説明してあります。
読んでいて、なるほどなるほどと納得させられます。

平常心の対極にあるのは「自我・プライド」だそう。
このプライドにこだわるから、
平常心でいられなくなってしまうんだとか。
プライドを持ったがために、
人と比較して自分を自分で評価したり、
こうあるべき、という自分の姿に固執したり執着したり・・・。

プライド、支配欲、快楽欲求、
そして究極的には、“死にたくない”という思い・・・。
これらが、私たちが心を乱してしまう根本的な原因とのことです。

これらのもたらす苦しみから自由になるには
すべてをあるがままに受け入れる、ということ。
「ま、いっか」の精神が大事だそう。

ちょっと前に「鈍感力」という本が流行りましたが
それに近いんじゃないかな。
すべての物事に対して、
「良い」「悪い」や、「好き」「嫌い」の評価を下したり
執着したりすることなく、
あるがままを受け入れるということ。
それができれば、常に平常心でいられるんでしょうね。
分かってはいてもね。
なかなか難しいのですが、それは真理だと思います。

この本には、
平常心でいられるための具体的な方法や
日々できるレッスンなども書いてあります。
いちど読んでみて損はないんじゃないかな。
最近心が乱れているような気がする・・・なんて方は
ぜひ読んでみてくださいね。
スポンサーサイト



テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

日記  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する