FC2ブログ

韓国ドラマ『私の期限は49日』 (2011.11.22)

2011/11/22 17:32

こんにちは~、占い師カノンです。

昨日見終わった韓国ドラマ『私の期限は49日』。
お昼の韓流αで放送されていたので
目にした方も多かったんじゃないかしら?
韓国では、2010年~2011年にかけて放送されました。

いつも思うのですが、
吹き替えでドラマを見てしまうと、
良い話も???となってしまうような。
ヒロインがアニメ声だったりすると、それだけで萎える^^;
個人的には、絶対字幕で、って感じです。
このドラマも、吹き替えのヒロインの声が…うーーん。
いいんだろうか、って感じでした。

さてさてこのドラマ。
とっても面白い設定で、今までにはない新鮮さを感じました。
メインキャラがヒロインを含めて全部で6人。
それぞれ結構重要な役どころをになっていて
どれも外せないキャラ。
さらに、最初の設定が、
事故にあって生死をさまよっているヒロインが
49日だけ猶予をもらい、生き返るために奮闘するというもの。
は?ありえない?と思ってしまったらそこでおしまいなわけですが、
私はすんなりと入り込めました。
死後の世界は未知数だし、生死の間にも世界があってもおかしくないかな、と。

ヒロインが生き返るための条件は、
肉親以外に自分のことを思って
心から泣いてくれる3人の涙を3粒集めるというもの。
3人かー。そんなの簡単なんじゃないの?と
傲慢にも私は思ってしまったのですが、
これが大苦戦につぐ大苦戦なわけです。

恋人や親友の裏切りなど、
生きているときにはまったく見えなかった現実に直面。
自分はそれほど愛されている存在ではなかったのか・・・と
愕然とするヒロイン。
でも、最後まで諦めないで奮闘していく中で、
今までまったく気づかなかった友人の優しさや愛に触れたりするのです。

このドラマは、軽いタッチながらも
メッセージ性の強いドラマだったような気がします。
見る人によって、いろんなメッセージを受け取ることができそうです。

ドラマとしては、かなり面白かった。
おそらく脚本がいいんでしょうね。
あまり無理な展開もなく、ちょっとサスペンスタッチで、
見ていてぜんぜん飽きませんでした。
終盤に、そーきたか!というような展開を見せるのですが、
まぁ納得できなくはないかな。
そして、本当のラストは
とっても爽やかで、でもちょっと切なくて・・・というベストな終わり方。

・・・・・・
今調べてみたところ、
脚本家はソ・ヒョンギョンさん。
「検事プリンセス」、「華麗なる遺産」、「その女」などを書いていた人だと判明!
なるほどー、面白いわけですな^^

ちょっと新しくて面白いドラマを見たい方は必見です!


おススメ度:★8(10満点)

スポンサーサイト



テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

韓国ドラマ  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

No title

私も見ました~。
このドラマは面白い!
ありえないストーリーだけど、2話くらいからどっぷりハマったよ。
最終回はまさかの展開だったね。「えっ???!!!!!」って感じ。
イギョンとジヒョンがぁぁぁぁぁ・・・・。
急にそんな展開になるか?と思った。

音楽が華麗なる遺産にそっくり。
「美男ですね」以来の気に入ったドラマになりました。

| 2011/11/22 |  23:30 | misty #- |  URL | 編集 |

No title

>mistyさま
 コメントありがとう^^
 「49日」かなり面白かったね~。
 私もお気に入りです。
 この脚本家のドラマは個人的に好きかも。
 「華麗なる遺産」はちょっとイマイチだったけど、
 他はホントに面白い!
 
 音楽は、確かに遺産にそっくりだったね~。
 同じスタッフが作ったのかしらね^^;

| 2011/11/23 |  21:32 | カノン #- |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する