FC2ブログ

『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued』 (2011.11.16)

2011/11/16 00:09

こんにちは~、占い師カノンです。

先日NHKでやっていた映画。
『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued』を鑑賞しました。
内容は、2010年のAKB48の活動に密着したドキュメンタリー。
岩井俊二が製作総指揮です。

最初は映画だとまったく思わずに見てました。
NHKが制作した、撮りおろしのドキュメンタリーなのかな、と。
で、見終わってからいろいろ調べてたら映画だと判明。
これって劇場公開したのかしら??
果たして映画館で上映してお客さんは入ったのだろうか、、
と、ちょっと余計な心配をしてしまいました。

作品自体は、かなり見ごたえがあって面白かったです。
わたしはAKB48は結構好きで、
実は密かに応援してたりします^^
メンバーの子達は、自分の歳とひとまわり以上離れているので、
母親のような気持ちで見守ってしまうという感じかしら。
みんな一生懸命でかわいくってね。
思わず応援せずにはいられなくなってしまうのです。

映画の中では、人気投票の上位12,3人?ぐらいの子達が
インタビューに答える形式をとりながら
本音をストレートに語っています。
AKBに対する想い、今まで苦労したこと、将来の夢、などなど。
みんな、アイドルだからという気負いやてらいはなく、
本当に素のままの表情を見せてくれているような気がします。

一番感心したのは、
みんな自分の立ち位置を客観的に見ているということ。
アイドルという立場に甘えることなく、
「今の人気はいずれ終わる、そのときに1人立ちできるように頑張りたい」
と、先々のことをしっかり考えているのです。
これだけ売れてたら、フツーなら、まわりに踊らされて天狗になって・・・
というような感じになってもおかしくないと思うのですが。
みんな本当に謙虚。しかも冷静。

あとは、AKB48からいつかは卒業する日がやってくるということを
みんなちゃんと自覚していて、
それまでの時間は出来ることを精一杯やろうとしていること。
みんな今の栄光にしがみつこうとしたりしていないのです。
それが言葉の端々に表れていて、気持ちいいぐらいに潔いです。

なんでみんなこんなに大人なんだろう。
まだ10代の子達も結構いるのに。
下手したら、わたしなんかよりずっとずっと大人かもしれません。
さすが、
競争社会でもまれているだけあるなぁと。
底辺から這い上がってきただけあるなぁと。
彼女たちの姿勢と根性は、ホントにアッパレです!!

この映画をみて、
今まであんまり知らなかった子のことが分かったり、
あんまり応援していなかった子のことを見直したりしました。
みんなホントーに仲間想いです。
自分の個性も大事にしつつ、常に全体のことも考えることが出来る、、
そんなめちゃめちゃいい子達でした。
もうすっかりファンになっちまいましたー^^

スポンサーサイト



テーマ : AKB48 - ジャンル : アイドル・芸能

日記  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する