FC2ブログ

九星別2012年9月の開運方位。 (2012.9.6)

2012/09/06 16:24

こんにちは~、占い師カノンです。

今月の九星別良い方位です。

2012年9月は、気学の世界では、

9月7日14時29分の節入りから
翌10月8日6時12分まで、になります。


気学では、出発する日の気をとても大事にしています。
なので、旅行や引越などされる方は、
この期間内に必ず出発なり引越をされてくださいね。
(今月の良い気をとりたい方は)


【九星別吉方位】
(☆がついている方位は、3泊以上の遠距離旅行、引越しにもOKです!)

本命星が一白水星の人
・北(三碧木星)
・東南(六白金星)
・西南(四緑木星)

本命星が二黒土星の人
・東南(六白金星)
・西北(八白土星)

本命星が三碧木星の人
・東北(一白水星)
・西南(四緑木星)

本命星が四緑木星の人
・北(三碧水星)

本命星が五黄土星
・東南(六白金星)
・南(二黒土星)
・西北(八白土星)

本命星が六白金星
・東北(一白水星)
・南(二黒土星)

本命星が七赤金星
・東北(一白水星)
・東南(六白金星)
・南(二黒土星)
・西北(八白土星)

本命星が八白土星
・南(二黒土星)

本命星が九紫火星
☆北(三碧木星)
・南(二黒土星)
・西南(四緑木星)
・西北(八白土星)


詳しくは、ぜひこちらをご覧くださいね。
みなさまにたくさんの幸運が訪れますように。

スポンサーサイト



テーマ : 占い・鑑定・解析 - ジャンル : その他

九星気学  | コメント : 1  | トラックバック : 0 |

気学による9月の吉方位、凶方位。 (2012.9.5)

2012/09/05 13:42

こんばんは~。占い師カノンです。

2012年は、六白金星が中宮に入る年。
2012年1年間の凶方位や九星別大吉方位につきましては、
こちらをご覧くださいね。


では、9月の吉方位、凶方位などについて。

気学による9月は、

9月7日14時29分の節入りから
翌10月8日6時12分まで、になります。

9月は七赤金星が中宮の月。

北は三碧木星、
東北は一白水星(天道)、
東は五黄土星(五黄殺、月破)、
東南は六白金星、
南は二黒土星、
西南は四緑木星、
西は九紫火星(暗剣殺・○)、
西北は八白土星。


西の九紫火星に(○)をつけたのは
9月が酉の月で西にパワーが集まるからです。
普段よりもより力が強くなります。

すべての方にとっての凶方位は、
・五黄殺の東、
・暗剣殺の西、
・月破の東
になります。

東は、五黄殺と月破、ダブルでの凶方位になります。
9月は、東方位への旅行や引越は
避けたほうが無難です。
日々の移動などには関係ありませんので、
あまり神経質にならないでくださいね。

また、西は普段よりもパワーが強まっていますが、
暗剣殺という凶方位のパワーが強まりますので
ご注意ください。


東北は天道が入って、良いパワーが強まりますので、
ご旅行などにお勧めです。(2泊以内がおすすめ)

東北に行ってもOKなのは
一白水星と相性の良い
三碧木星、六白金星、七赤金星が本命星の方です。
(四緑木星の方は、本命的殺方位にあたりますので今月はNGです。)
(3泊以上の場合は、年盤も合わせて見なくてはなりませんので
ちょっと注意が必要です。)


※ご自分の本命星を調べたい方はこちら


方位のパワーは、実際に行ってみた人にしか分かりません。
どうしようかなとためらっている方は、
まずは騙されたと思って行ってみてくださいね^^

テーマ : 占い・鑑定・解析 - ジャンル : その他

九星気学  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

九星別2012年8月の開運方位。 (2012.8.9)

2012/08/09 15:30

こんにちは~、占い師カノンです。

今月の九星別良い方位です。

2012年8月は、気学の世界では、

8月7日午前11時30分の節入りから
翌9月7日午後2時29分まで、になります。


気学では、出発する日の気をとても大事にしています。
なので、旅行や引越などされる方は、
この期間内に必ず出発なり引越をされてくださいね。
(今月の良い気をとりたい方は)


【九星別吉方位】
(☆がついている方位は、3泊以上の遠距離旅行、引越しにもOKです!)

本命星が一白水星の人
・北(四緑木星)
・東南(七赤金星)
・南(三碧木星)

本命星が二黒土星の人
・東(六白金星)
・東南(七赤金星)
・西北(九紫火星)

本命星が三碧木星の人
・西(一白水星)
・西北(九紫火星)

本命星が四緑木星の人
・西(一白水星)
・西北(九紫火星)

本命星が五黄土星
・東(六白金星)
・東南(七赤金星)
・西北(九紫火星)

本命星が六白金星
・東南(七赤金星)

本命星が七赤金星
☆西(一白水星)
・東(六白金星)

本命星が八白土星
・東(六白金星)
・東南(七赤金星)
・西北(九紫火星)

本命星が九紫火星
☆北(四緑木星)
・南(三碧木星)


詳しくは、ぜひこちらをご覧くださいね。
みなさまにたくさんの幸運が訪れますように。

テーマ : 占い・鑑定・解析 - ジャンル : その他

九星気学  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

気学による8月の吉方位、凶方位。 (2012.8.6)

2012/08/06 15:26

こんばんは~。占い師カノンです。

2012年は、六白金星が中宮に入る年。
2012年1年間の凶方位や九星別大吉方位につきましては、
こちらをご覧くださいね。


では、8月の吉方位、凶方位などについて。

気学による8月は、

8月7日午前11時30分の節入りから
翌9月7日午後2時29分まで、になります。

8月は八白土星が中宮の月。

北は四緑木星(天道)、
東北は二黒土星(暗剣殺・月破)、
東は六白金星、
東南は七赤金星、
南は三碧木星、
西南は五黄土星(○・五黄殺)、
西は一白水星、
西北は九紫火星。

西南の五黄土星に(○)をつけたのは
8月が申の月で西南にパワーが集まるからです。
普段よりもより力が強くなります。

すべての方にとっての凶方位は、
・五黄殺の西南、
・暗剣殺の東北、
・月破の東北
になります。

東北は、暗剣殺と月破、ダブルでの凶方位になります。
8月は、東北方位への旅行や引越は
避けたほうが無難です。
日々の移動などには関係ありませんので、
あまり神経質にならないでくださいね。

また、西南は普段よりもパワーが強まっていますが、
五黄殺という凶方位のパワーが強まりますので
ご注意ください。


北は天道が入って、良いパワーが強まりますので、
ご旅行などにお勧めです。(2泊以内がおすすめ)

北に行ってもOKなのは
四緑木星と相性の良い
一白水星、九紫火星が本命星の方です。
(三碧木星の方は、本命的殺方位にあたりますので今月はNGです。)
(3泊以上の場合は、年盤も合わせて見なくてはなりませんので
ちょっと注意が必要です。)


※ご自分の本命星を調べたい方はこちら


方位のパワーは、実際に行ってみた人にしか分かりません。
どうしようかなとためらっている方は、
まずは騙されたと思って行ってみてくださいね^^

テーマ : 占い・鑑定・解析 - ジャンル : その他

九星気学  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

九星別2012年7月の開運方位。 (2012.7.2)

2012/07/02 23:59

こんにちは~、占い師カノンです。

今月の九星別良い方位です。

2012年7月は、気学の世界では、

7月7日午前1時41分の節入りから
翌8月7日午前11時30分まで、になります。

気学では、出発する日の気をとても大事にしています。
なので、旅行や引越などされる方は、
この期間内に必ず出発なり引越をされてくださいね。
(今月の良い気をとりたい方は)


【九星別吉方位】
(☆がついている方位は、3泊以上の遠距離旅行、引越しにもOKです!)

本命星が一白水星の人
☆東(七赤金星)
☆西南(六白金星)

本命星が二黒土星の人
・東南(八白土星)
・西南(六白金星)

本命星が三碧木星の人
・西北(一白水星)

本命星が四緑木星の人
・西北(一白水星)

本命星が五黄土星
・東(七赤金星)
・東南(八白土星)
・西南(六白金星)
☆西(二黒土星)

本命星が六白金星
・東(七赤金星)
・東南(八白土星)
☆西(二黒土星)
・西北(一白金星)

本命星が七赤金星
・東南(八白土星)
・西南(六白金星)
・西北(一白水星)

本命星が八白土星
・東(七赤金星)
・西南(六白金星)
・西(二黒土星)

本命星が九紫火星
・東南(八白土星)
☆西(二黒土星)


詳しくは、ぜひこちらをご覧くださいね。
みなさまにたくさんの幸運が訪れますように。

テーマ : 占い・鑑定・解析 - ジャンル : その他

九星気学  | コメント : 0  | トラックバック : 1 |

気学による7月の吉方位、凶方位。 (2012.7.1)

2012/07/01 22:32

こんばんは~。占い師カノンです。

2012年は、六白金星が中宮に入る年。
2012年1年間の凶方位や九星別大吉方位につきましては、
こちらをご覧くださいね。


では、7月の吉方位、凶方位などについて。

気学による7月は、

7月7日午前1時41分の節入りから
翌8月7日午前11時30分まで、になります。

7月は九紫火星が中宮の月。

北は五黄土星(五黄殺)、
東北は三碧木星(月破)、
東は七赤金星(天道)、
東南は八白土星(○)、
南は四緑木星(暗剣殺)、
西南は六白金星、
西は二黒土星、
西北は一白水星。

西南の六白金星に(○)をつけたのは
7月が巳の月で西南にパワーが集まるからです。
普段よりもより力が強くなります。

すべての方にとっての凶方位は、
・五黄殺の北、
・暗剣殺の南、
・月破の東北
になります。

凶方位へのご旅行や引越しは
なるべく避けたほうが良いでしょう。
日々の移動などには関係ありませんので、
あまり神経質にならないでくださいね。

西南は、普段よりもパワーが強まっています。
良い運気がもらえますので、
2泊以内のご旅行などにおすすめです。
(3泊以上の場合は、年盤も合わせて見なくてはなりませんので
ちょっと注意が必要です。)

ちなみに、西南に行ってもOKなのは
六白金星と相性の良い
一白水星、二黒土星、五黄土星、七赤金星、八白土星が本命星の方です。

東は天道が入って、良いパワーが強まりますので、
ご旅行などにお勧めです。(2泊以内がおすすめ)

東に行ってもOKなのは
七赤金星と相性の良い
一白水星、五黄土星、六白金星、八白土星が本命星の方です。
(二黒土星の方は、本命的殺方位にあたりますので今月はNGです。)
(3泊以上の場合は、年盤も合わせて見なくてはなりませんので
ちょっと注意が必要です。)


※ご自分の本命星を調べたい方はこちら


方位のパワーは、実際に行ってみた人にしか分かりません。
どうしようかなとためらっている方は、
まずは騙されたと思って行ってみてくださいね^^

テーマ : 占い・鑑定・解析 - ジャンル : その他

九星気学  | コメント : 0  | トラックバック : 1 |

本命殺方位は身体に影響を及ぼす。 (2012.6.20)

2012/06/20 16:54

こんにちは~、占い師カノンです。

気学で方位を見る場合、
絶対に行ってはいけない凶方位というのがあります。

有名なところでは、
五黄殺(ごおうさつ)とか、暗剣殺(あんけんさつ)でしょうか。

「殺」って字がついてる時点で結構怖いですよね^^;

五黄殺方位は、
九星の五黄土星が滞在する方位で、
あらゆる物事が腐っていく・・・という意味があります。
それもジワジワと。。
最初良くても、油断してはいけません。
ま、裏を返せば、
どうしても五黄殺方位に行かなくてはいけない場合は
短期決戦で!
チャチャチャっと用事を終わらせて、その場を離れましょう。

暗剣殺方位は、
九星の五黄土星が滞在する反対の方位。
暗闇から剣を突き出されるような、
思いがけない災難に遭いやすい方位です。
まぁ今の時代、暗闇から剣・・・
な~んて、そんなことはおそらくないでしょうが。。^^;

これ以外にも、
本命殺、本命的殺、歳破、月破、定位対沖など・・・
行ってはいけない方位は実は結構たくさんあります。
全部避けてたらどこにも行けなくなるわ!と思うかもしれません。
確かにそうです。
だから、あんまり神経質になる必要はないと思います。
ただ、引越や長期の旅行など、
期間と距離が大きくなる場合には注意したほうが良いでしょう。
その場合は、五黄殺と暗剣殺の2大凶殺は避けたほうが無難です。

さて、方位には、一応毎日の吉凶もあります。
ただ、それは毎日変わるものだし
いちいち気にしていたら、それこそどこにも行けなくなってしまうので
あまり考えなくても良いと思います。

実際私も、場所を選べるなどの選択が可能なときは
一応方位を見て決めたりしますが、
強制的に凶方位へ行かざるをえない時には、
悪いことが起こらないようにお祈りするぐらいです。

で、先日、「本命殺」方位へ行く用事がありまして。

その日は飲み会で、夕方から出かける予定だったのですが、
お昼過ぎぐらいから、なんだかのどが痛いなぁ・・・と。
その前日も結構お酒を飲んでいたので、
お酒のせいかな??と勝手に思っていたのですが、
出かける頃になったら寒気がしてきました。
完全に、風邪の引き始めって感じです。

でも、今さらキャンセルするわけにもいかない!と、
飲み会に参加。
そして結局、帰宅したのは午前0時をまわってしまいました。
風邪が悪化していたのは言うまでもありません。

本命殺方位というのは、
肉体面・健康面で悪影響がでる方位です。
まさに、ドンピシャですね^^;

日盤での本命殺だったので
ちょっとした風邪で済みましたが、
やはり侮れないな~と恐れ入りました。
本命殺に行ったら必ず風邪を引く、ということでは決してありません。
何事もなく帰ってくることも、もちろんあります。
でも、そーゆー可能性はある、
ということを知っておくだけでも
何かあったときに対策が立てやすいかもしれませんね。

テーマ : 占い・鑑定・解析 - ジャンル : その他

九星気学  | コメント : 0  | トラックバック : 1 |